フローレンス・ピュー、BAFTAに登場!SF映画を彷彿させるメタリックコルセットドレスで注目集める

「デューン:パート2」のプロモーションはひと段落かもしれませんが、フローレンス・ピューの銀河系を彷彿させるスタイルは健在です。2月19日(日)開催の2024年BAFTA賞授賞式に、彼女はハリス・リードによるカスタムメイドのドレスで登場し、フォーマルウェアに微妙なSF要素を取り入れ、会場を沸かせました。

漆黒のベルベットのロングドレスは、廃棄予定だった生地を使用しており(BAFTAは2020年に持続可能なドレスコードを導入した最初の賞ショーとして知られています)。そこに光沢を放つメタリックコルセットが合わされ、彫刻のようなハイカットのサイドと大胆な深いVネックラインが目を引きます。フローレンスはブシュロンの長いダイヤモンドネックレスと、前腕にドレープされたドラマチックな黒ベルベットショールを身につけ、エレガントさを演出しました。

プラットフォームヒール、ダイヤモンドスタッドピアス、そして彼女のトレードマークである軟骨ピアスが仕上げのタッチとなっており、メイクはきらめくスモーキーアイ、ピンクのリップ、ブロンドのマレットヘアをサイド分けにして後ろに流したスタイリッシュな仕上がり。

フローレンス自身は今夜ノミネートされていませんでしたが、彼女が精神科医ジーン・タロックを演じた伝記スリラー映画「オッペンハイマー」は、作品賞、脚色賞、監督賞、撮影賞など13部門にノミネートされており、受賞の期待が高まっています。

フローレンス・ピュー、パリス・ヒルトン風のドレスで話題沸騰!

イギリスの注目女優、フローレンス・ピューが新しい音楽コラボレーションでファンを驚かせました。2000年代初頭のパリス・ヒルトンを彷彿とさせるきらめくチェーンメイルドレスで、彼女の新しい一面を見せつけています。

フローレンス・ピュー

フローレンス・ピューとイギリスのシンガーソングライター、レイチェル・チノウリリのコラボレーション

フローレンスは最近、イギリスのシンガーソングライター、レイチェル・チノウリリとのコラボレーションで新曲をリリースしました。キラキラとしたチェーンメイルミニドレス姿で、彼女はレイチェルと共に踊るティザー動画をインスタグラムに投稿しています。

このチェーンメイルドレスは2000年代初期のアイコン、パリス・ヒルトンが2002年の21歳のバースデーパーティで着用したスタイルを思い起こさせます。フローレンスのこの選択は、ファッション界での彼女の影響力を再確認させるものです。

パリス・ヒルトン

フローレンスのドレスはピンクがかったローズゴールドで、白いヘビ柄の太いストラップが特徴的です。胸元が大胆に開いたカウルネックと、中央にスリットが入ったデザインが、彼女の美しさを引き立てています。

アクセサリーとして選んだゴールドのペンダントは、半分に破れたハートの形。レイチェル・チノウリリが残り半分のハートをつけていることが印象的です。

レイチェルも新曲のティザー動画に「明日6:10pmに『Never Need Me』をリリース。サプライズがあるわよ」とキャプションをつけて投稿しています。

フローレンスはこれまでにも、Flyteの『Tough Love』や兄トビー・セバスチャンの『Midnight』などでボーカルを披露し、主演作『A Good Person』のサウンドトラックでも歌声を聞かせています。